不健康なダイエットはストレスがいっぱい!


私がダイエットをしている時に悩んだ事は、食事の量を減らしてのダイエットが体に与える影響です。
食事量を減らし炭水化物を少なく摂り、なおかつ運動をすると言うものでしたが、炭水化物が少なくなったせいか脳の働きが悪くなった気がします。
仕事の集中力が落ち判断ミスが多くなったと当時を振り返り思います。
頭がぼーっとなってしまう事がたびたび有り、考え様としてもなかなか考えが回らなくなってしまいました。

また、栄養が全体的に足りなかったせいか肌と髪に影響が出ました。
肌はハリがなくなった様になり、髪はパサ付きが多くなりました。

体重は落ちて運動はしやすくなりましたが、反対に体には悪影響が出てしまったダイエットになってしまいました。
気持ちも逆に痩せるのと反比例してストレスでイライラする事が多くなった気がしました。

解決方法は、炭水化物を少なくても三食摂るようにしました。そうする事で仕事中もぼーっとする事が減り、回転も良くなった気がします。
また、体力も持続する様になりました。
栄養が全体的に足りなかったので、肉や魚や野菜も適量を考えて料理しバランス良く食べる事を心がけるようにしました。肌や髪なども徐々に回復していきました。
それから、頑張った時には甘い物や自分が好きな食べ物を食べて息抜きするなどもして、心に負担が来ないようにする事も忘れませんでした。

人によって差は有ると思いますが、食事量を減らす・炭水化物を抜く・・・などのダイエットは体・脳・心に少なからず影響が出るものだと思います。
我慢をする事がダイエットと私は思っていましたが、程があると今では思っています。
炭水化物はエネルギーで体と脳を本当にケアしてくれています。
私は栄養士でも学者でもないのでこんな事を言うのはおかしいかもしれませんが、本当にご飯などの類は大事です!
また全体の食事量を減らすと体力も減ります。動くと疲れやすく、老けた印象にもなります。
食べて、適度に動いて健康的なダイエットをしていただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です