ダイエットで初めてのくびれを体験しました


私は子供の頃からぽっちゃりしており、痩せていたという経験がありませんでした。

そんな私がダイエットを決意したのは18歳の時、友人と一緒に旅行に行く事になり温泉に入るのにこんなデブな身体を見せるのは忍びないと思ったからです。
体重は常に50Kg以上あるのが当たり前だった私にとってお腹周りのお肉はあるのが当然の状態でしたが、ダイエットを開始してからその認識が変化しました。

当時はグルコマンナンダイエットというのが流行っており、雑誌の広告で見たそれを注文して毎日夕食時に置き換えしておりました。
夕食を食べないことで体重はどんどん減ってきましたが、グルコマンナンのおかげで空腹は何とか耐えることが出来ました。

そしてある日、自分のお腹周りを触った時に初めて気付いたのです。
くびれがあるということに。
肉に埋もれていた腰骨の存在をしっかりと認識できましたし、ウエスト60にもなると人から見てもほっそりとした体型になり、逆に心配されるほどでした。

痩せると誰しも経験するのが穿くもののサイズが合わなくなるということです。
服は多少ダボダボでも着れないことはないですが、ズボンはベルト無しでは穿けなくなってしまいます。
うきうきして当時のウエストサイズにぴったりの物を購入したのは言うまでもありません。

しかしそれと同時に悩みもありました。
何故か年よりも老けて見られるようになってしまったのです。
ぽっちゃりしてた頃のほうが若く見えたので、あまり痩せすぎも良くないのかなとちょっぴり反省しました。
やはりダイエットも程々が一番ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です