ダイエットを習慣にしていくことで辛いがなくなっていく


ダイエットで悩んだ事は、なかなか体重が落ちない事と、変化を求め過ぎるあまり、ダイエットをやめてしまう事です。
日々何を食べるか意識しようと、レコーディングダイエットをしていました。
そうするうちに、カロリーや栄養成分について気を使うようにはなりましたが、始終食べ物の事を考え過ぎて疲れてしまいました。
適度に運動する事も実践したのですが、なかなか体重が減りませんでした。
せっかちな性格が災いして、プロセスを楽しめずにダイエットをやめた事が何度もありました。

これまでの失敗体験を自分なりにふりかえってみた結果、改善点を2つ見つけました。
1つは、自分に見合った負担の軽い食事制限をしていくという事です。
極端に食事内容を変えるとストレスになるので、普段食べてるご飯の量を少し減らす事から始め、それに慣れるまで継続してみました。
しかし、時には食べ過ぎてしまう日もあったので、そんな時は自分を責めないで、とにかく身体をよく動かして、
翌日は食事の量をコントロールする形に切り替えていきました。
もう1つは、短期間で結果を出そうと頑張り過ぎない事です。
体重計の数字にこだわり過ぎず、日々身体のラインを鏡で確認してモチベーションを維持していきました。些細な変化があると、俄然やる気が出ました。
また、どうしてもしんどい時期は訪れるので、食べる以外の“自分にとっての楽しみ”を増やしていきました。
散歩や読書、ぬりえ等いくつか見つけていく事で趣味が広がっていきました。

過度な食事制限で自分を追い込んだり、短期間で頑張り過ぎてしまうと、その分の反動が大きいので大変です。
まずは、乗り越えられそうなハードル設定からスタートしていいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です